Monthly Archives: 1月 2021

  • 0

不倫相手を離婚させたい

Category : bwlakewoodhebron

最初は遊びの不倫でも、本気になると最後はハッピーエンドを願わずにはいられないのが人情。

それはいけない願いだと分かっていながらも「妻(夫)と離婚して欲しい」と思う気持ちは当たり前です。

今回は相手を離婚させたいと思うあなたに、不倫相手の心理と対策方法をご紹介します。

■不倫相手が離婚しない理由

夫婦は法律的にも、経済的にも、相互補助の関係にあります。

お金のこと、子どものこと、お互いの両親親戚のこと。

離婚となると、これらの関係が一気に破綻します。

既婚者にとって、離婚は安定した生活を捨て、マイナスから関係を築き直す、ものすごく面倒で大変なことなのです。

そりゃあ誰だって、簡単にYESと言えません。

■離婚させたくても、絶対やってはいけないこと

「離婚する」と言いながら、なかなか実行しない相手には、こちらも焦ってしまいます。

しかし焦っているからといっても、絶対してはいけない行為があります。

例えば「相手の妻(夫)の悪口をいうこと」。

不倫相手にとって、妻(夫)は家族。

家族の悪口というのは、言われて気分の良いものではありません。

たとえそれが的を射ていても、不倫相手には言われたくない気持ちがあるそうです。

また、「何で早く離婚してくれないの!」と相手を責めることもNGです。

前述のように、離婚は大変な作業で、既婚者は最も自分が被害に遭わない離婚方法や時期を見極めているのです。

それを責め立てることは、自分がぐずだ、のろまだと言われているのと一緒です。

■不倫相手を離婚させたいなら

では、どうすれば相手は離婚してくれるのでしょう。

まず、相手の離婚に対するイメージがマイナスからプラスになるよう働きかけましょう。

たとえば、離婚しても自分は絶対に離れていかないこと、経済的な負担は自分も背負う覚悟があること、そして相手を労わり、相手の妻(夫)がしてくれなかったことをしてあげるなど、離婚した方が幸せなのではないか、と相手に思わせることが肝心です。

また、「離婚したら、こんな暮らしがしたいね」など、嫌味にならないようできるだけ明るく、具体的に将来の話をするのもいいかもしれません。

既婚者を離婚させたいなら、既婚者が離婚をどのように考えているかを把握し、相手を責めるような言動はせず、マイナスのイメージが強い離婚に対し、できるだけ具体的に、プラスのイメージを相手に植え付けましょう。


  • 0

なぜ別居中に浮気をするのか、パートナーの心理を解説!

Category : bwlakewoodhebron

時には単身赴任など、お互いの気持ちとは関係ない理由で、時にはお互いの関係を見つめ直すために、夫婦は別居することがあります。

しかし、他に好きな人ができた、と一方的に相手が出ていった場合でなくても、何故か別居中に浮気をする人がいるのです。

今回は、なぜ別居中に浮気に走るのか、その心理を考えてみたいと思います。

■バレないという気のゆるみ

同居中の夫婦なら、朝起きてから夜眠りにつくまで、お互いのスケジュールや行動は、監視するつもりがなくてもある程度分かってしまいます。

ふとした拍子に「あれ、いつもと違う」とカンが働き、浮気に気づく、気づかれるなんてことは良くある話。

しかし別居してしまえば、朝何時に起きようが、夜中に出かけようが、相手の行動を把握することが難しくなります。

ぶっちゃけ家に浮気相手を呼ぶことだってバレない可能性もありますので、ついついガードが甘くなるということはあるようです。

■解放感

別居して、一人暮らしに戻るということは、相手に合わせて動く必要がなくなるということ。

仲の良い夫婦でも恋人同士でも、何となくちょっと一人になりたいと思う時がありますし、そんな時間があるとホッとしますよね。

別居をするということは、これが毎日続くわけなので、解放感は半端ありません。

今まで我慢していたお酒や、夜遊びも注意されることなく毎日でもOK。

その延長に浮気もあるのです。

■一人の寂しさ

別居して一人暮らしに戻ると、解放感がある反面、今まで家の中で聞こえてきた相手の出す生活音や、ささいな会話が全くなくなってしまいます。

よく、帰宅時に家に灯がついているとホッとするという人がいますが、別居はその逆。

なんとも言えない寂しさを肌身に感じることがあります。

それに耐えられなくなり、外に出会いを求めた結果、つい浮気をしてしまうという人が多いようです。

夫婦が別居している場合、別居中につい浮気をしてしまう人が多いようです。

その理由は、浮気がバレないという気のゆるみや、久しぶりの一人暮らしで味わう解放感、そして相手がいない生活への寂しさなどが原因のようです。